『メイプルストーリー』プレイ日記です---不定期更新。日記というより覚え書き帳になりつつある。けやきの子ども。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
ネトゲの可能性 -人と人と-
2006-09-19 Tue 14:25
最近メイプルにおいて、ちょっと考えさせられるトラブルが仲間内で連続してありました。

だれも相手を傷つけようというつもりがあったわけではないでしょう。
しかし人に対する思いやりが欠落していた。
だから生じてしまった亀裂。

めいぽをやめるという話まで出てしまったのは正直かなりショックだったし、目の前が真っ暗になりました。

残ってもらえることになって、ほんとうによかった(TT)

回線をきればそれでおしまいなこの関係は端から見ればもろすぎるのかもしれないけど、みんな大切な仲間だし、こんなかたちで失うなんて絶対耐えられなかったから。




さてさて、前々から思うところがあった話も含めて、今回はもっと一般的な話に広げて書いてみたいと思います。

ネトゲでの人との関わりについて。

めいぽをやってると、愕然とするような行動をする人を多々見かけますよね。
詐欺や悪口、心ない行動。
オンラインゲームという特異な環境の中で、そこにいる他のキャラクターも自分と同じように心を持った人間だという認識が、どこかおそろかになってしまうのかもしれません。
もしくはそれがよく分かっていても、文字の世界でうまく気持ちを伝えられずに、あるいは読み取れずに、溝を広げてしまうのか。

さらには考え方の違い。
狩りの仕方にしても、アイテムの扱いひとつにとっても、キャラクターの数だけ考え方があるんですね。
ひたすら効率を追求することに楽しみを見いだす人、仲間との協調が一番大切だと考える人、ただただマイペースにやりたいひと・・
結局どれが正しくてどれが間違っているというわけでもない。
考え方がいろいろあることで、現実世界とおなじようにゲームの世界も広がっていくのですから。

しかしそのなかで相反する考え方がぶつかりあったとき、やはり相手の気持ちを理解しようとする心をもっていなければ、人を傷つけたり、怒らせたりしてしまうのね。
これは相手の顔が見えないネトゲの世界だからこそ、リアル以上によくよく気をつけなければ行けないと思う。
ゲームだから何をしてもいい、自分が楽しければいいなんていう考えはあきらかに間違ってる。
(そんな人はほとんどいないと願うけど)


ゲームの中では普段の自分とは違う自分をつくることができますよね。
理想の自分を演じてみたり、普段言わないようなことをいってみたりやってみたり・・

それは全く悪いことではないとわたしは思う。
以前他サーバでやってたときにすごく仲良くなってリアルであったりもして、今も続いてる友達がいるんですが、彼めいぽの世界では女の子です(笑)いわゆるネカマさん( ̄∇ ̄)
言葉遣いなんか完璧でわたしより女の子っぽくて、最初完全にだまされてたもんで、カミングアウトされたときには10年分くらい笑いましたが(笑)
まぁめいぽには女キャラでやってる男性も多いし、その逆もあるでしょう。
そういうのも楽しいですよね(笑)

いや、それはいいんだけどw
わたしが言いたいのは、いくら普段の自分と違う自分をつくっても、結局自分は自分ということ。
キャラクターを消してしまえば何も残らないと思うかもしれないけど、自分のしたことは永久に残る。
 (キャラデリ繰り返しては詐欺やってる奴ら、覚えとけよ。(゚ー゚)フフフ

ゲームのいたる所で出会うキャラクターは、そのまま生身の人間につながっている。
心と記憶を持った人間に。

そしてキャラの姿を借りて行う行動の一つ一つは、間違いなくその人から発せられるものだし、その人自身を表すものなんだと思う。
たとえリアルの自分とは違っていても、それもまた自分の姿であり、虚像じゃないのよね。
だからゲームの中でやった行いはすべて残る。何よりも自分の中に。
そして人はネトゲを通じて成長できる。



なんだか哲学っぽくって自分でもわけが分からなくなってきたけど、ネトゲを通じて人との新しい関係を学び、仲間をつくり、新しい自分を知ることができるとしたら、それは素敵なことだと思いませんか??


ちなみにわたしは、めいぽで出会えた仲間は現実世界の友人に負けず劣らず大切な存在だと思っています^^
スポンサーサイト
別窓 | 考察 | コメント:4 | トラックバック:0 | top↑
<<自給自足生活 | 花も花なれ | 墓愛好家>>
この記事のコメント
そのとき、そのときで人は笑ったり悲しみ、傷つけあったりする。だけど、ネット界と現実界の違いはそれほど無く、私にとって、両者どちらの世界の人たちもかけがえのない人であり、たとえこのゲームから去るときがこようと、心、今までのつながりは消えない。だけど今は、必要とされていると強く感じたので、この場に残ろうと思った。逆に私が必要としている人たちもこのゲームにはタクサン居る。そんな大切な人と人生の時間を共有したいとおもった。スイッチひとつや、ゲーム引退で変わるような関係ではないと思うから。だから、とめどなく涙が溢れた。ついついマシンガントークを繰り広げてしまう、そう、私にとって何も着飾らなくて良い、かけがえの無い仲間です。
ごめん。
じゃなくて、いつもありがとう。という言葉を伝えたいです。声の聞こえない会話で、現実の人間を救ってくれたあなたと、あの方へ。
うちが引退するといったとき止めるといったあの方、戻ってきてください。待ってます。
次に流す涙は皆で流す、嬉涙にしたいと思う。
2006-09-19 Tue 19:01 | URL | でんx2 #-[ 内容変更]
想いしっかり届いています。大丈夫です。

ハリネズミの距離って知っていますか?

愛し合うハリネズミはすごく微妙な距離感を大切にするそうです。
何故なら彼らの身体には全身を覆う棘があるがゆえに。
だから近づきすぎるとお互いを刺して傷つけてしまうし、離れすぎると寒いし接触できない。
それでどの動物よりも微妙な距離感を取らざるを得ないというのです。

人間関係はこれ同じだよね。
しかも表情が見えないネットだったら尚更重要です。

今回はお互いの棘が刺さってしまいました。
傷つくのが怖いから、いまは距離を保ってしまうかもしれません。でもそれが当然だよね。やっぱりお互い怖いものね。
また徐々に歩み寄りましょう。もっとゆっくり確実にしっかりと。

性分として極端で、そして、言葉でいっているように、いつもの調子で文字にしてしまいました。文字特有の表れ方を考えていなかったんだ。

もっと勉強して、文字に想いをしっかり載せられるようになりたいと想います。

心をこめてありがとう。いつもありがとう。
2006-09-19 Tue 23:48 | URL | 寅 #-[ 内容変更]
>でんちゃん
正直メイプルを始める前までは、ネットの世界でこれほどまでに大切だと思える仲間に出会えるなんて知らなかった。
いま日本のいろんなところにいる仲間と、こんなに濃密な時間を過ごせているなんて、本当に幸せだなぁと思います^^
いつもいつもありがとう。
これからも素敵なマシンガントーク聞かせてね☆(笑)
2006-09-20 Wed 09:40 | URL | 桜 #-[ 内容変更]
>寅さん
ハリネズミの話、素敵だね^^
お互い進んだり後ろに下がったりしながら、おなじ時間を共有できたらいいね。
文字だけの会話は難しいけど、だからこそ伝わるものもあると思う。そういうものを大事にしたいと最近思います^^
2006-09-20 Wed 09:49 | URL | 桜 #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 花も花なれ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。