『メイプルストーリー』プレイ日記です---不定期更新。日記というより覚え書き帳になりつつある。けやきの子ども。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
レディーファースト
2006-11-16 Thu 17:31
昼休みのこと。


お昼ご飯を食べようと思って学生会館の食堂に向かったんですが、ドアのところで、前からやってきた欧米人っぽい男性10人くらいのご一行と鉢合わせ。

うちの大学はことさら留学生や海外の関係者が多いので、よくある風景なんですけどね。


2階の通用口みたいな小さなドアだったのでもちろん同時には通れないし、わたしはちょっと脇にどいて、彼らに先に通ってもらおうと思った。


外国人の男性たちはおしゃべりしながら歩いてて最初わたしの存在に気づかなかったようで、そのままドアを通ろうとしてたんですが、


∑(゚ο゚) Oh..

ちょうど通り抜けようとするときに、私の存在に気づいたご様子。


するとね、



ドアを押さえたまま、すっとスマートに一歩後ろに下がって、丁重なんだけど決して大げさじゃない声の調子と軽い身振りで



「Please.」(どうぞ。)

って。。



か、かっこいい~(〃'∇'〃)


ほんとにレディーファーストが体に染みこんでるっていうか、体得してるっていうか、もう全体の動きがスムーズで洗練されてて自然なのね。

見てると気持ちよくなるような。

譲ってもらったこと以上に、その動きのスマートさに対していたく感動してしまいましたよ(*-ω-*)




彼らは英語のアクセントからしてイギリスの人?っぽい感じでしたが、外国の人はほんとこの辺のとこ徹底されてますよねぇ。

日本人も、おおいに見習うべきだと思います。
海外に出る機会があるなら必須だし。

もちろん、男性女性問わずね。



日本でも、レディーファーストができる男性はモテると思いますよw
もちろん計算でやってちゃ~バレる相手にはすぐバレるのでNGですけど。

(わたしね、あからさまな男尊女卑野郎って、蹴飛ばしたくなるの(*ノωノ) )



男性向けにレディーファースト講習会なんかやると、ウケるんじゃないかなぁ。。

どうです、奥さん。お宅の御主人にひとつ。





わたしは、女の子にドア開けてあげるのが好き☆(* ̄д ̄*)ウフ

スポンサーサイト
別窓 | リアル日記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<冷気の平原1 | 花も花なれ | 世の人忘るな -MUSICBOX 第2弾->>
この記事のコメント
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 花も花なれ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。