『メイプルストーリー』プレイ日記です---不定期更新。日記というより覚え書き帳になりつつある。けやきの子ども。
 
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
チケット持ち越し
2006-11-02 Thu 18:37
今日また臨時?メンテがあったみたいですね。




***************************

(公式より)

日ごろは『メイプルストーリー』をご愛顧いただきありがとうございます。

本日のアップデート内容は以下の通りとなります。

・グループメンバーが迷路クーポンを所持した状態で、ルディブリアム迷路クエストを開始できなくしました。
・ルディブリアム迷路クエストの経験値報酬を変更しました。

これからも『メイプルストーリー』をよろしくお願いいたします。


****************************



ルディに新しくできたグルクエで、チケット持ち越しを無意味化するための措置のようです。




考えてみれば当然ですね。

このルディブリアム迷路って、聞いた話では、時間内にどれだけ敵を倒したかでもらえる報酬が変わるというものらしいです。


チケット持ち越しはこれまでカニクエやルディクエでも普通にされてきましたけど、この場合はまだチケットの持つ意味合いが小さかったというかね。

あくまでチケットは先に進むために必要な手段だったわけです。

なのでネクソンも黙認してきたのでしょう。




しかし今回できた迷路クエの場合、チケットの数がそのまま報酬に影響する。

このクエの目的であり根幹であるのは”時間内にどれだけチケットを集められるか”ということなわけですから・・・。



要するに、チケット=目的になっちゃうんですよね。



一定時間内にどれだけの枚数集められるかということ、そのためにはどうしたらいい?ということを試行錯誤して見つけていくのが、この迷路クエの楽しみどころなわけです。





それでもしもちこができちゃったらねぇ。


いい報酬がもらいたかったら、

迷路に入り、チケットを集めては持ち越しして外に出て、もう一度入って集めて・・・

の繰り返しを、必要枚数集まるまで繰り返せばいいだけのゲームになってしまう。



めいぽのユーザもその辺賢いから、きっと一瞬で気づく人がいっぱいいるでしょう。

現に昨晩フリマをまわってたら、すでに迷路クーポン100枚集めて売りさばいてる人いましたから(笑)



そうするとこのクエのゲーム性はまったくバラバラに崩壊してしまいます。




そこで今回のメンテ、というわけでしょう。

わたしはできた試しがないんでよく分からないんだけど、チケット持ち越しってどうやら回線の隙をついて(?)うまいことやってるものらしいですね。

従ってもちこ自体をできなくすることはほとんど不可能っぽい。

それならチケット持ち込みをできなくして、持ち出されたチケットの意味をなくしてしまおう、ということでしょう。


(まさか持ち出しと同じ要領で持ち込みできちゃったりとかしないよね? ね??)



ネクソンが早いうちに手を打ってくれて良かったというか、そもそも始めからそうしておいてほしかったというか・・(笑)







以上、メンテの話を聞いてちょっと思ったので書いてみました。



それにしても、この辺のユーザーとシステム管理側の化かし合いみたいなのは、なかなかオンラインゲームらしくておもしろいなぁw

とのんきに言ってみる。



スポンサーサイト
別窓 | めいぽ | コメント:3 | トラックバック:0 | top↑
<<凍結注意!凍りの道1 | 花も花なれ | ヨコヨコ・・>>
この記事のコメント
それ売ってたの俺かもしれません。

迷路は二回持ち越しする必要があるんですがね。

一回目は簡単ですが。

それだけです(ナンノタメニカイタンダ
2006-11-06 Mon 18:35 | URL | 匿名 #-[ 内容変更]
>匿名さん

なるほど~。
ルディほど簡単にはいかないんですね。

投稿ありがとうございました♪w
2006-11-06 Mon 20:36 | URL | 桜 #-[ 内容変更]
とにかくおしえてください
2006-12-04 Mon 19:33 | URL | もちこ #-[ 内容変更]
top↑
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
top↑
| 花も花なれ |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。